独立したいSEにこれだけは言いたい…

システムエンジニアがフリーランスを始めてすぐは、高単価の案件を見つけるのはなかなか難しいだろう。
実際の求人状況としては、高単価の案件はそれなりに多く、需要も高い。
しかし、高単価の案件では求められるレベルが高く発注する側も慎重になるため、新人のフリーランスにはなかなか回ってこないという状況がある。
高単価の案件を獲得するためには、小さな案件からコツコツとこなしていき、実績と信頼を掴んでいくことが大切だ。

いくらフリーランスエンジニアとして働いていると言っても、時間は有限だ。
低い単価の案件を数多くこなしていくよりも、高単価の案件を効率よく仕上げていった方が生活の質は高くなるだろう。
高単価の案件は、人件費をなるべく削減して業務を簡素化したいと望む企業に多い。
このような企業では、人件費削減のために外注できる作業はどんどん外注をしようという動きがある。
そのため、重要な業務であっても外注に出すことがあり、単価も高い傾向にある。

高単価の案件では、知識や技術力が求められる傾向が高い。
そのため高単価の案件を獲得するためには、スキルアップの努力も大切だ。
プログラミング言語を複数覚えたり、デザインの勉強をしたりすることが有効だろう。
IT関連の知識だけでなく、他分野の知識もどんどん吸収すると良い。
また、高単価の案件を獲得するために必要な準備や対策をチェックし、真似できることは真似してみると、高単価の求人に出会える確率も高くなるだろう。